渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

DirectX11をC#を書きながら覚えていく


f:id:esakun:20181118205657p:plain

SlimDXを使用し、DirectX11をUnityで馴染みのあるC#を通して学んだ記事のまとめリンクです。

1. ウィンドウ表示
DirectX11の表示先のウィンドウを表示させます

2. GPUを使用して描画する
デバイス(GPU)を使用するまでの準備を行います。

3. 三角形描画
三角形描画が3DプログラミングのHelloWorld的なもの。シェーダも書いてみます。

4. FPS管理
FPSを管理できるようにします。

5. 頂点カラーを使って三角形を描画
頂点カラーを使って三角形を表示します。

6. アニメーション
三角形をくるくる回転させてみます。

7. プロジェクション座標変換して三角形を表示
MVP行列を使用して座標変換してみます。

8. 両面メッシュ描画
カリングをOFFにしてみます。

9. ライブラリ化
そろそろ生でDirectXを書くのが辛くなってきたので汎用処理をライブラリ化してみます。

10. 親子関係を作ってみる
UnityのTransformクラスに実装されている親子関係を生で書いてみます。

11.四角形メッシュの描画
そろそろ三角形を卒業します。