渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

Arduino 赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る


定期的に執筆したいArduinoのパーツ調査記事シリーズです。
今回は赤外線受信モジュールを使ってみます。

f:id:esakun:20190812003637p:plain:w450

今回使用する赤外線受信モジュールは、以前Amazonで購入したELEGOO Arduino用スターターキット レベルアップ チュートリアル付 mega2560 r3 nanoと互換の中の1つです。(リモコンも付いています)

f:id:esakun:20190812004114p:plain:w220

ピンヘッダ内訳

GRYとパット見よくわかりませんが、以下の通りです。
f:id:esakun:20190812003142p:plain:w450

ピンヘッダ 内訳
G GND
R VCC
Y 検出用

今回作るもの

IRremoteというライブラリを使用して、赤外線リモコンの種類を特定します。

準備

IRremoteのインストール

f:id:esakun:20190812000339p:plain:w450

ArduinoIDEの ツール > ライブラリを管理 をクリックしてライブラリマネージャを開きます。


f:id:esakun:20190812000519p:plain:w450

IRremoteをインストールして準備は完了です。

サンプルコードを使用する

ファイル > スケッチ例 > IRremote > IRrecvDumpV2をクリックしてサンプルコードを開きます。

f:id:esakun:20190812001939p:plain:w450

サンプルコードに従って、検出ピンヘッダがArduinoのデジタル11番につながるようにして実行します。


するとこのように赤外線リモコンを操作すると赤外線受信モジュールが反応します。

シリアルモニタに出力される

f:id:esakun:20190812001639p:plain:w450
このようにシリアルモニタに赤外線を解析した結果が出力されます。
メーカー名が出てくるのが面白いです。

ソースコード

今回はスケッチの例そのままですが、読んでみると勉強になりました。 gist.github.com

最後に

赤外線受信モジュールとIRremoteライブラリを使うことで赤外線の信号を解析することができるようになりました。これを使って自分の家のテレビやクーラーをArduinoを使って操作することができそうです。やっとIotらしくなった気がして楽しくなってきました。