渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

完全初心者向けArduinoで最も簡単なはじめの一歩


かなり大昔に購入していたArduinoをやっと始めました。

本記事では完全初心者向けのArduinoのはじめの一歩である、シリアルモニタに文字の出力LEDを光らせるをやっていきたいと思います。

Arduinoのエディタの選択

最近はオンラインのエディタもリリースされているようですが、シリアルポートの接続がうまくいかないので、ローカルエディタを使用することにしました。
公式ページからダウンロードしました。

ボードを認識させる

早速つまづきました。ArduinoをUSBでつなげても認識されませんでした。

ボードは利用できません
Arduino: 1.8.7 (Mac OS X), Board: "Arduino/Genuino Uno"

Arduinoの設定を見直す

ということでArduinoの設定を見直します。
f:id:esakun:20181115000705p:plain:w450

  • ツール > シリアルポート
  • ツール > ボード

この辺りを上のキャプチャのように設定すると上手く認識されましたのでご参考にどうぞ。


ボード情報がわからない時は、ツール > ボード情報を取得から調べることができます。

f:id:esakun:20181115002306p:plain:w450

f:id:esakun:20181115002335p:plain:w200

接続できたということでシリアルモニタへの出力を進めていきます。

そもそもシリアルモニタへの出力とは?

ノンプログラマーにとっては最初は理解しづらい点かもしれませんが、プログラム中の値を何かしらの方法で確認したいときが出てきます。

例えば、計算式の結果やArduinoだったらセンサーから送られる数値です。これらの値を文字で可視化させることをログログ出力ダンプなどのキーワードで表現されますが、Arduinoではそれをシリアルモニタへの出力と言われます。

f:id:esakun:20190812013116p:plain
ArduinoIDE右上のボタンをクリックすることでシリアルモニタが表示され、

Serial.println("出力したい値");

のような感じでプログラムするとシリアルモニタに出力されます。
プログラマは確認したい値を出力してテストし、正しいプログラムを組んでいきます。

シリアルモニタの出力

以下がシリアルモニタに Hello World Arduino!! を出力するコードです。

Serial.beginメソッドはシリアル通信転送レートの設定で、シリアルモニタに出力するためには必須の設定です。

Serial.begin | Arduino 日本語リファレンス

また、loopメソッドが定義されていないとコンパイルエラーになるため注意です。


f:id:esakun:20181115004414p:plain:w450
このようにシリアルモニタに指定した値を出力することができました。

LEDを光らせる

f:id:esakun:20190812013548p:plain:w450

LEDには向きがあり、ピンの長さが違います。

LEDのピンの長さ 内容 備考
長い +方向へつなぐ
短い -方向へつなぐ GNDにつなぐ

今回の場合は、長い方を13番ピン、短い方をGNDへつなぎます。

f:id:esakun:20181115005920p:plain:w450

ソースコード

1秒ごとに13番ピンの電圧の高い状態と低い状態を切り替え、LEDをチカチカさせているソースコードです。

できたもの

f:id:esakun:20181115005313g:plain

このようにLEDが1秒ごとにチカチカさせることができました。

基礎の基礎の基礎....部分ができました。これから様々なセンサーを購入してまずは、使えるようにしていこうと思います。

環境

  • macOS Mojave 10.14
  • Arduino Genuino 1.8.7
  • Arduino/Genuino Uno

参考