渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

is forbidden (13: Permission denied) にハマった話

f:id:esakun:20180615122542p:plain
nginxでハマったエラーログ。

[error] 3664#3664: *5 "/usr/share/nginx/html/index.html" is forbidden (13: Permission denied)

パーミッションがないよっていうことなんですが、

SELinuxが影響しているということがわかった。

ということで、現状のSELinuxのステータスを確認。

$ sudo getenforce
Enforcing

EnforcingではSELinuxが有効で、アクセス制御が有効になっているということで、今回適当なローカル環境なので、SELinuxを無効化する。

$ sudo setenforce 0
$ sudo getenforce
permissive

permissiveと出ればアクセス制御は無効となる。

またこの状態ではエラーが出てしまうため、SELinux自体を無効化する。

/etc/selinux/configSELINUX=disabledこのように編集する。

これでとりあえず、ページにアクセスできるようになりました。以上。

自分へのメモ

nginxのエラーログの場所はココ /var/log/nginx/error.log

関連記事

UnityのシェーダLODを試す

f:id:esakun:20150730215258g:plain

今回は実は使ったことなかった機能シリーズ、「シェーダLOD」を試してみます。

Unityでシェーダを書いているとよく目にするLOD 200のような値。
これはシェーダ自身でLODを使用する際に使うLOD値です。

例えばLOD 200のサブシェーダが実装されているなら、Shader.maximumLOD = 200とすれば、そのサブシェーダで描画されるといった感じです。

続きを読む

Riderのコードフォールドをデフォルトで解除する

f:id:esakun:20180603210910p:plain

Rider小ネタ。

Riderのデフォルト設定がコードフォールドを適用しています。

f:id:esakun:20180603210038p:plain:w400
※このような左側の+,-ボタンでフォールドされる

僕自身あまりコードフォールドをしない方が作業効率が良いです。
(いちいち閉じたものを開くのが面倒くさい & コードを隠すメリットを感じない派)

ということで、Riderのコードフォールドを完全になくす設定方法です。

続きを読む

Unityちゃんシェーダを読んでまとめた

最近3Dキャラの肌の表現に興味が湧いていて、とりあえずちゃんと読んでいなかったUnityちゃんシェーダの肌部分を読んでみました。

以下、その備忘録となります。 読んだ部分というのは、Unityちゃんアセット同梱のCharaSkin.cgのfrag関数内です。ここに肌の描画処理が書かれています。

1行ずつ読んでいって、出てきた変数を出力して整理した感じです。

ディフューズ

セットされているテクスチャのカラーをそのまま出力。

f:id:esakun:20180530202123p:plain:h300

float4_t diffSamplerColor = tex2D( _MainTex, i.uv );

視線ベクトルと法線ベクトルのdot積

f:id:esakun:20180530202246p:plain:h300

float_t eyeDotNormal = dot( i.normal, i.eyeDir );
続きを読む