渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

GethでEthereum開発を始める環境を整える

f:id:esakun:20210427073522p:plain

ここ最近ブロックチェーンに興味をもってしまったため、
ブロックチェーン技術のキャッチアップということで
Ethereumの開発をMacで始めてみたいと思います。

👇本記事では以下の順に進めていきます。

  1. Ethereum開発に必要なクライアントソフトGethのインストール
  2. Geth、依存ライブラリのバージョンの確認

概要

基本はまずは Ethereum に触れてみる - Ethereum入門にのっとって環境構築していきます。

貴重な資料ありがとうございます。

Gethのインストール

GethはGo言語で実装されたCUIで、
EthereumのP2Pネットワークに参加するためのクライアントです。

  • etherの採掘
  • etherの送金
  • スマート・コントラクトの生成
  • トランザクションの生成
  • ブロックチェーンの確認

Gethをインストールすることで、
👆これらの事が実行できるようになります。
知らない言葉がたくさん出てきましたが一旦スキップします。

HomeBrewでGethのインストール

$ brew tap ethereum/ethereum
$ brew install ethereum

インストールは完了。

ethereumのバージョン

$ brew info ethereum

ethereum: stable 1.10.2 (bottled), HEAD

バージョン1.10.2のようです。

gethコマンドの確認

$ geth version

Version: 1.10.2-stable
Architecture: amd64
Go Version: go1.16.3

同じく1.10.2であり、goのバージョンは1.16.3。

もしgoがインストールされていなければ
goもインストールする必要があるかもしれません。

僕の環境にはgoが既にインストールされており未検証です。

最後に

最低限の環境構築は完了です。
最終的にはIDEを含めた環境を構築することになると思います。

ただし、今は僕自身がブロックチェーンを全く知らない状態ですので、
スピードを重視していろいろ端折りながら、
概要把握を最優先に学習していこうと思います。

学習が進むたびにブログの記事も充実していくと思います。

環境

  • macOS Catalina 10.15.7
  • ethereum 1.10.2
  • go 1.16.3 darwin/amd64

次の記事はコチラ