渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

【Ethereum開発】MetaMaskのテスト環境にイーサを振り込む方法

ブロックチェーンアプリを作る上で必要になるGAS(仮想通貨 : イーサ)。

デバッグするときに実課金するのはしんどいので、
ダミーの通貨で開発したい。

そこでChrome拡張のMetaMaskを使います。

以下手順です。

テストネットワークを連宅

f:id:esakun:20210604055208p:plain

いくつかテストネットワークがありますが、どれかを選びます。

入金をクリック

f:id:esakun:20210604055319p:plain

「入金」をクリックします。

Etherを取得するを選択

f:id:esakun:20210604055340p:plain

「Etherを取得する」をクリック。

アドレスをツイートする

f:id:esakun:20210604055603p:plain

テストネットワーク上のウォレットアドレスをコピーします。

f:id:esakun:20210604055954p:plain

Twitterでツイート。
そのツイートのURLをコピーしておきます。

f:id:esakun:20210604055536p:plain

MetaMaskに戻り「Crypto Faucet」を選択。

f:id:esakun:20210604060312p:plain

ツイートURLをペースト。
「Give me Ether」をクリック。

イーサが付与されている

f:id:esakun:20210604060338p:plain

以上の手順を踏むとテスト環境にテスト用のイーサが入金されます。

以上です。

環境

  • Brave バージョン: 1.24.86 Chromium: 90.0.4430.212(Official Build) (x86_64)
  • MetaMask バージョン9.5.8