渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

Mayaカスタムシェルフの作り方と入れ方とバックアップ


f:id:esakun:20181129151826p:plain
Mayaのシェルフはカスタマイズできることを知ったので、自分色に染めるためのメモをしておきます。

f:id:esakun:20181130092954p:plain
まずはシェルフの左にある歯車マークをクリックします。
するとコンテキストメニューが表示されるので、Shelf Editorをクリックします。すでにカスタムシェルフのデータを保持している場合はLoad Shelfで読み込みます。

f:id:esakun:20181130093640p:plain

1.でシェルフのタブを追加し、2.でシェルフ内のコマンドを追加します。

f:id:esakun:20181130093807p:plain
Commandタブに移って、処理を追加します。
デフォルトprint("User defined macro");というログを出力するだけの処理が書かれています。

f:id:esakun:20181130093929p:plain
処理を追加したい場合は、右下のアイコンをクリックして、

f:id:esakun:20181130094333p:plain
Script Editorから該当のスクリプトをコピペすれば良い気がしています。

Maya commands
またはリファレンスから調べる感じなのでしょうか。

シェルフファイルは以下のディレクトリに格納されていますので、それをバックアップするなりしておくと良いと思いました。

~/Library/Preferences/Autodesk/maya/2017/prefs/shelves


以上