渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

【Blender】UVマップの編集・更新を手早く実行する方法

何度も修正作業が発生するテクスチャの描き込み作業。
僕はPhotoshopを使うことが多いです。

BlenderとPhotoshop間のテクスチャ反映と更新を
手早く実行する方法について紹介します。

本記事の結論

  • UV > Export UV Layoutで画像ファイル書き出し
  • 書き出したファイルをPhotoshopで編集してPSDで保存
  • UV Editing > Image > ReplaceでPSDを読み込む
  • その後Photoshopを修正したときはUV Editing > Image > Reloadで反映

手順

f:id:esakun:20210711125039p:plain

この立方体のUVをPhotoshopで編集、更新していきます。

f:id:esakun:20210711125818p:plain

UV Editing > UV > Export UV Layoutから画像を保存。

f:id:esakun:20210711125937p:plain

このファイルをPhotoshopに取り込んで編集します。

f:id:esakun:20210711130036p:plain

とりあえず背景を黄色くしてみました。 tex_cube.psdというファイル名で保存します。

ここで大事なのはPhotoshopのレイヤーを残すこと。
テクスチャを描き込むときはレイヤーがないと不便です。
わざわざPSDを別ファイルに保存するのも手間。

ということでBlenderに直接PSDを読み込ませるためにPSD形式保存します。

tex_cube.psdと名付けました。

f:id:esakun:20210711125052p:plain

Image > Replaceでtex_cube.psdを選択。

f:id:esakun:20210711125104p:plain

するとUVマップが置き換わります。

f:id:esakun:20210711130238p:plain

その後Photoshopで背景を青にしてみましょう。

f:id:esakun:20210711125133p:plain

Image > Reloadをするだけでテクスチャは更新されます。

まとめ

  • UV > Export UV LayoutでUVマップを書き出す
  • PhotoshopはPSDで保存
  • BlenderでPSDを読み込み
  • 更新はImage > Reload

このワークフローを現在は採用しています。

以上。

環境

  • Blender 2.9.31