渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

pyenv経由でPythonをインストールする


以前このようなトラブル記事を書きましたが、そもそもpyenvの使い方を忘れてしまったので、再度まとめておきます。

準備

brew install pyenvでHomeBrewでpyenvはインストールしておきます。

以下を~/.bash_profileなどに記述してsource ~/.bash_profile

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
if [ -d "${PYENV_ROOT}" ]; then
    export PATH=${PYENV_ROOT}/bin:$PATH
    eval "$(pyenv init -)"
fi
  • pyenv install --listでインストール可能なバージョンリストアップ
  • pyenv install 3.6.3でインストール
  • pyenv global 3.6.3で使用バージョン指定
  • python --versionで使用できるか確認
    • ここで使用バージョンが違う場合は、パスが通ってなくて、別経由でインストールされたpythonを使用している可能性がある

やっちゃったけど、やらなくもよい件

HomeBrewで何かインストールした際にPythonが依存関係で勝手にインストールされちゃう場合があります。
僕はpyenvでPythonを管理したかったので、brew uninstall pythonとすると、以下のようなエラーが出ました。

Error: Refusing to uninstall /usr/local/Cellar/python/3.7.3
because it is required by ansible, cairo, glib, mackup and poppler, which are currently installed.
You can override this and force removal with:
  brew uninstall --ignore-dependencies python
Refusing to uninstall /usr/local/Cellar/python@2/2.7.15_1
because it is required by mercurial, which is currently installed.
You can override this and force removal with:
  brew uninstall --ignore-dependencies python@2

asinbleやmackupで使っていて、brew uninstall --ignore-dependencies pythonと実行すると消せはします。

しかし、~/.bash_profileなどにパスを指定すれば、消さなくてもpyenvのPythonが動くと思います。

最後に

Pythonが使えるようになったので、ML-Agentを始めようと思います。

以上

参考

環境

  • macOS HighSierra 10.13.6
  • pyenv 1.2.11