渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

【Unity2021】Experimentalパッケージのインストール方法

f:id:esakun:20210206045616j:plain

Unity2021からのパッケージには
新しく「Experimantal」が登場します。

インストール方法も変更されますので、
その紹介記事になります。

パッケージ名をPackage Managerから直入力

例として執筆時Experimentalパッケージの
Python for UnityEditorをインストールしてみます。

1. パッケージ名の取得

コチラのサイトからExperimentalパッケージの名前を取得します。

f:id:esakun:20210212055043p:plain:w300

com.unity.scripting.pythonこの文字列がパッケージ名です。

2. Package Managerからインストール

f:id:esakun:20210212054844p:plain:w300

Unity2021からPackage Managerに新しく
Add package by nameというメニューが追加されました。

f:id:esakun:20210212055153p:plain:w300

Experimentalパッケージ名を入力して、 Addボタンをクリックします。

f:id:esakun:20210212055722p:plain:w500 このようにExperimentalパッケージが
インストールされました。

manifest.json変更でも可能だがPackage Manager経由がオススメ

manifest.jsonに次の1行追加してもインストールは可能です。

"com.unity.scripting.python": "2.1.1-preview.1",

しかしバージョン名を正しく記載するのは
地味に面倒くさいため、

Package Manager経由で
インストールする方が遥かに楽でしょう。

最後に

最近はUnity2021.1ベータ版に少しずつ触れて、
新機能新仕様を発信するようにしています。

Unityのバージョンアップによって生産性を下げないために
事前にハマりそうな部分はTwitterやブログなどで共有して、
より良いものづくり環境を作っていければと思います。

よろしければフォローの方お願いいたします。

👍筆者のTwitterをフォローする

参考サイト