渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

DOTweenの教科書をリリースしました!

2021年3月13日に初技術書DOTweenの教科書
Zennでリリースしました!!

関係者の皆様おつかれさまでした。
そして、ありがとうございました!!

結果良い反応をたくさん頂いて安心しています。
※コスパが良いと評判です。
リリース記念ということで、この1週間は500円と格安価格でご提供しております。
(今のうちですよ奥さん)

追加コンテンツも配信していくため、ぜひチェックして頂ければと。

ちなみに追加コンテンツ情報は僕のTwitterで告知するため、 ぜひともフォローをお願いいたします。

■2021年3月14日 10:00時点

f:id:esakun:20210315045602p:plain:w450 Zennのトレンドに「DOTweenの教科書」掲載されました!

執筆の経緯

最近若手エンジニアと関わることが多く、
Unity開発の必須アセットである
DOTweenを知らないというケースによく出会いました。

僕らの当たり前は当たり前ではない事がたくさんあるんです。

ちなみにDOTweenの情報をGoogleで検索しても、
小さい点の情報は山ほど出てきますが、
まとまった日本語情報は見つかりませんでした

そこで体系的にDOTweenを学べる本を書いてみようと思った次第です。

👇執筆はじめましたツイート

約300のいいねを頂き需要がありそうでした。

そこで以下のような方を対象読者としています。

  • Unityを始めたゲーム開発初心者
  • 体系的に学びたいDOTween初心者
  • DOTweenの機能を逆引きして使いたい中級者

基本は最近関わった若手エンジニアに対して、
書いているため初学者向きの本です。

DOTweenを本格的に勉強する際の1冊になって頂ければと思っています。

f:id:esakun:20210311072911g:plain

ここからアピールポイント2点紹介します。

1. 動画とソースコードがセットで学びを加速する

アピールポイントの1つは「動画とソースコードがセット」だということです。

f:id:esakun:20210314072339g:plain

👆コチラはチャプター21のキャプチャです。
このように動画とソースコードをセットにしているため、
どういう動きになるかイメージしやすい構成にしています。

ソースコードもコピーできるため試しにテストするときにも役立ちます。

全コンテンツほぼほぼ動画は網羅していますので、
公式ドキュメントでは分かりづらい点は補足できているのではないかと思います。

2. ハマリポイントやニッチなテクニックも紹介

前半は初学者向けですが後半は中級者向けの内容です。

僕自身DOTweenを5年ほど使ってきてノウハウもたまってきました。
かなりの数のも経験していますし、
アニメーションを作るコツやよく使うテクニックも分かっています。

そのようなたまった知識を全部この書籍に打ち込んだつもりです。

今後の追加コンテンツについて

Zennの仕様上50チャプターまで作れず、
逆引き用途としてはもっとたくさん書きたいことがありました。

Chapter 48🚀DOTweenミニTips集10/N選 という追加コンテンツ用のチャプターを作っています。

リリース時点では以下のミニTips集を掲載しています。 f:id:esakun:20210315043253p:plain:w450 ※画像は執筆エディタVSCodeのアウトライン

今後もそのページに追加コンテンツを配信予定です。 (ミニTips集ということで、粒度は小さいものばかりになる可能性は高いですが😅)

今後リリースする予定のテーマ

  • 値を更新してRestartする方法
  • トゥイーンの経過時間情報の取得
  • 5種類のトゥイーン状態
  • ゴールの値に配列を渡すテクニック
  • DOTweenのインスペクタでデバッグ
  • OnUpdateコールバック内に潜む罠
  • 時間の種類
  • トゥイーンをシンプルに作るための小技

追加コンテンツの一部ですが、
僕のDOTweenの知見はこの本に詰め込んでいく所存です。

最後に

DOTweenの教科書の目次を添付しておきます。
(半分くらいは無料で読めますよ)

興味のあるコンテンツがございましたらお気軽にお手にとって頂ければと思います。

要望・感想は僕のTwitterアカウントまでお気軽にリプ・DMをいただければと!

👉DOTweenの教科書のお試しはコチラから

DOTweenの教科書の目次
気になるキーワードがあったら読んでみてください。

今後もDOTweenの教科書、Unity情報を発信していきますので、
よろしければTwitterのフォローをお願いいたします。