渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

Unity2019 PackageManagerがメニューに表示されなくなった時の対処法


2018.3.7f1からUnity2019にアップデートした際に起こったPackageManager周りのトラブル共有です。

タイトルの通り、WindowからPackageManagerの項目が表示されなくなる現象が発生しました。

Unity2019では使用できないバージョンがmanifestで指定されているという旨のコンパイルエラーが出ていました。
というのも下記のキャプチャの通りUnity2019.1.0f2ではPackageの下位バージョンを指定できなっています。

f:id:esakun:20190417171155p:plain:w450
※指定できました。場所が変わっていました。

解決法

  1. previewパッケージを一時的に外す
  2. Unityを再起動

f:id:esakun:20190417095247p:plain
↑の子たちを一時的に削除して、再起動。

これで僕は解決し、PackageManagerと再開することができました。

以上

環境

  • macOS HighSierra 10.13.6
  • Unity2019.1.0f2