渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

【iOS開発】超基礎Objective-Cのメソッド実行方法

前回ダウンロードしたファイルの存在を確認しました。

今回はその処理をメソッド化して実行してみます。

iOSを普段開発しない身としては、本当にObjective-Cの文法に迷わされますね。。。
僕の研鑽が足りていません。

以下のようにprintExistFileというメソッドを定義しました。

まずこのメソッド定義もハマったのでログを残しておきます。 コロンを忘れたり、戻り値の型のカッコを付け忘れたりと、、、

  1. 戻り値の型 : - (BOOL)
  2. メソッド名 : `printExistFile
  3. コロン(忘れやすい):
  4. 第一引数の型 : (NSString*)
  5. 第一引数のラベル : targetFilePath

最後にメソッドの呼び方。

BOOL isExists = [self printExistFile:@"img.png"];

以下内訳

  1. 呼び出し元 : self(自分自身で呼び出しているため)
  2. メソッド名 : printExistFile
  3. コロン : :(忘れやすい)
  4. 引数 : img.png(ファイル名)

以上です。

久々にiOS開発するとハマるハマる。
でも面白いので良し。