渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

Mayaで三面図を下書きにしてモデリングするための準備


f:id:esakun:20181129190045p:plain

三面図(今回は二面図)イラストを下敷きにして、ローポリキャラをモデリングするため下敷きを配置するところまでの手順をメモしておきます。
※いろんな方法があるっぽいですが、あくまで自分が知ってる唯一の方法のメモです

ローポリキャラの二面図はコチラからお借りしました。
f:id:esakun:20181130154831p:plain
W1418 H1200pxの画像です。
※レイアウトを多少調整させてもらっています

f:id:esakun:20181130155532p:plain

まずはプレーンを作ります。分割する必要はありません。

f:id:esakun:20181130155652p:plain
プレーンの設定はこのような感じです。
Width、Heightを1にして、SclaeXとScaleZに先程の三面図の比率を代入します。
今回はサイズを1/100にした幅14.18 / 高さ12と代入しました。
※1/100にしている理由はそのままだと大きすぎるため


f:id:esakun:20181130160140p:plain
Windows > Rendering Editors > HyperShadeHyperShadeを開きます。

  1. 左下のLambertクリック
  2. 上の画面でlamber2というマテリアルが作られる
  3. 右の赤枠をクリックして画像を読み込む

f:id:esakun:20181130160023p:plain
画像を読み込む際に、Fileを選びます。

f:id:esakun:20181130160437p:plain
赤枠をクリックして画像を読み込ませます。
そしてプレーンをObjectModeで再度選択状態にし、HyperShade内のLambert2を右クリックからAssign Material to Selectionを選択します。

f:id:esakun:20181130161623p:plain
するとこのように画像がプレーン上に表示されます。

f:id:esakun:20181130161538p:plain
表示されない時は、Shading > Smooth Shade AllShading > Hardware Texturingにチェックが入っているか確認。

f:id:esakun:20181130161902p:plain
基準点を足元に合わせます。

参考 : Mayaでモデリングする上でのメモ - 渋谷ほととぎす通信

f:id:esakun:20181130161951p:plain
マルチカットツールを使って絵にかぶらないように分割します。

f:id:esakun:20181130162517p:plain
このように正面と横を90度回転させて位置を合わせます。

f:id:esakun:20181130162944p:plain
2つとも選択して、右の赤枠をクリックしレイヤーに入れます。
左の赤枠をRにロックしておくとモデリングしやすいです。

以上です。


ただ、このようなモデリング方法では駄目らしいっすね...