渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

Mayaのアトリビュートエディタがどこかに行ってしまったときの対処法


f:id:esakun:20180212231225p:plain:w300
Maya初心者としては、どのくらいアトリビュートエディタが重要かは分かりかねますが、YoutubeでMayaのチュートリアル動画を見てると、このパネルを操作することが多いので結構重要人物なのかもしれません。

ところがこの重要人物、よく失踪します。

f:id:esakun:20180212231503p:plain:w300
間違えて上図のボタンをクリックしちゃうと、

f:id:esakun:20180212231544p:plain:w300

このようにウィンドウが独立してしまいます。
間違えて、クローズボタンで消してしまうと、オブジェクトを選択しても再表示されません。

この記事では、どうやってアトリビュートエディタを再表示するか、再度本体のエディタにドッキングさせるかを調べていきます。

アトリビュートエディタ表示切り替えボタンがあった

f:id:esakun:20180212231832p:plain
画面右上のこのアイコンをクリックすることで、アトリビュートエディタが再表示されます。

ドッキングにはテクニックが必要

ウィンドウをMaya本体のエディタの端に何度もドラッグアンドドロップしていることが分かります。
30秒辺りでドッキングに成功していますが、条件がよく分かりません。
とりあえずドラッグアンドドロップすればドッキング出来るようです。
※もっと簡単な方法を知っている方、教えて頂きたいです。

まとめ

文句ばかり言いたくはないのですが、もっと感覚的なインタラクションに出来ないのでしょうか...
この辺、Unityのエディタはとても優れていると思います。

参考