渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

GoogleAnalyticsでヒットしなくなった時の対応


f:id:esakun:20190805092405p:plain:w450

ヒットがありません

GoogleAnalyticsを開いたら、このような警告が表示され、朝から恐ろしい気持ちになりました。

たいていこういうエラーはGoogle Analyticsの設定をいじった後に起きます。

TagAssistantをインストール

プロパティ「渋谷ほととぎす通信」はヒットを受信していません。サイトでまったくセッションが発生していないか、サイトが正しくタグ設定されていない可能性があります。 サイトが正しくタグ設定されているかどうか調べる際は、Google Tag Assistant Recordings が便利です。

Googleさんに促されるまま、TagAssistantなるものをインストールします。

Tag Assistant (by Google) - Chrome Web Store

f:id:esakun:20190805093942p:plain:w200

ChromExtensionからTagAssistantをインストール完了。

自分のブログページを開く

f:id:esakun:20190805094248p:plain:w300

自分のブログページを開きます。TagAssistantを開きます(アイコンクリック)。

タグが存在しない場合はキャプチャし忘れましたが、ヒットするがタグが存在しないと言われます。

上の画像はタグが見つかった状態です

原因はプロパティ設定

f:id:esakun:20190805093424p:plain:w450

Google 広告と検索広告 360 の統合で、手動タグ設定(UTM 値)による自動タグ設定(GCLID 値)のオーバーライドを許可する 

このチェックを入れていたのが原因でした。
外したところ直りました。

まとめ

GoogleAnalyticsはブログ運営中、PDCAを回す上では便利なツールなので(無料だし)、動く状態にはしておきたいです。 GoogleAnalyticsは機能追加やUI改修が多く、色々試したくなり個人的に設定をいじりがちです。 しかし、今回のトラブルを受け設定変更した後はちゃんと動いているかをウォッチしてデータがロストしないように心がけたいです。