こんにちわ、Python大好きオオバです。

この記事はオオバがつまづいたら追記されていくスタイルとなります。

この記事の内容

基本

対話型シェルを開始して終了する

pythonで始めて、exit()で終わる

キャスト

## int型キャスト
i = int(value)  

<GoogleAdsense type='1' />

## float型キャスト
f = float(value)  

## 文字列へキャスト
str = str(value)  

数字のprintの注意

i = number;  
print(str(i))  

文字列にキャストしないとエラー。

for文

for item in itemList:  
    print(item)  

if文

if a == b :  
    # Do something.  
elif c==d and e == f :  
    # Do something.  
else :  
    # Do something.  

&&||は使えません

クラス

クラス定義

class Hoge:  
    x = 0  
    name = "fuga"  

インスタンス化

hoge = Hoge  

newは不要

インクリメント、ディクリメント

<GoogleAdsense type='1' />

## index++は使えません
index = index+1  

文字列系

拡張子を抜いたパスを取得する

import os.path
## 拡張子を抜いたパスと拡張子文字列がタプルで返却される
nonExPath,ext = os.path.splitext(filePath)  

文字列のsplit

path.split("/")  

IndexOf的な処理

<GoogleAdsense type='1' />

## ヒットしたindexが格納される。存在しない場合は-1
index = str.find('foo')  

配列

要素追加

array.append(element)  

要素数の取得

len(array)  

日本語をつい買う時に記載する宣言

<GoogleAdsense type='1' />

## -*- coding: UTF-8 -*-

システム系

コマンド引数取得

import sys

args = sys.argv  
hoge = args[1]  

処理を終了させる

import sys

sys.exit()  

XMLを使用したい

以下サンプルコード例

import xml.etree.ElementTree as ET

<GoogleAdsense type='1' />

## 指定パスのファイルをロードしてパース
tree = ET.parse(tpsPath)  

## ルートノードを取得
root = tree.getroot()  

## 複数同名ノード処理
for node in parentNode.iter('Hoge'):  
    print(node.text)  

<GoogleAdsense type='1' />

## ノードの属性取得(例は属性名`type`の値を取得する)
attribName = node.attrib.get('type')  

## ノード検索
dNode = node.find('A/B/C/D')  

## ノード値の上書き
node.text="hogehoge"  

<GoogleAdsense type='1' />

## XMLファイル保存
tree.write(path, 'utf-8', True)  

参考

オススメ記事
2021秋 Asset Refreshセール
100以上のアセットがなんと50%OFF!!オオバもいくつか買いました!
期間 : 10月2日午後3時59分まで