渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってる技術メモ。※所属団体とは一切関係がありません。

Unity SpriteRendererで表示した画像をドラッグして端から端までピッタリ表示する


f:id:esakun:20190424203414p:plain:w450

結論

  • X座標ドラッグ可能距離 = 画像サイズ / PixelPerUnit - orthographicSize * (Screen.Width / Screen.Height)
  • Y座標ドラッグ可能距離 = 画像サイズ / PixelPerUnit - orthographicSize

で割り出せます。
※平行投影カメラが前提

以下のコードをドラッグ処理部分に記述する想定です。

以上です。