渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってる技術メモ。※所属団体とは一切関係がありません。

ESP-WROOM-02開発キットを使ってブラウザにHello Worldを表示させるまで


f:id:esakun:20190425093309p:plain:w450
先日購入したESP-WROOM-02開発キットを使って、WifiにつなげてWebServerを立ち上げて、ブラウザにHelloWorld!を表示させてみたいと思います。

環境

準備

f:id:esakun:20190425093354p:plain:w450

ピンソケットは別パーツとして納品されているため、ブレッドボードを使った開発をしたいので、上画像のようにはんだ付けします。

f:id:esakun:20190425093413p:plain:w450
途中から気づきましたが、ブレッドボードにピンソケットを刺した状態ではんだ付けした方がやりやすいです。

プログラムをESP-WROOM-02開発キットに送信

ESP-WROOM-02開発キットは、マイクロUSBでPCとつなげれば、Arduinoのようにプログラムを送ることができ、単体で動かすことができます。

ESP-WROOM-02のボードをArduinoIDEに追加

f:id:esakun:20190425094544p:plain:w450
GitHub - esp8266/Arduino: ESP8266 core for ArduinoこちらのgithubページからBoards manager linkのURLをコピります。

f:id:esakun:20190425094718p:plain:w450
ArduinoIDEの追加のボードマネージャのURLにペーストします。

f:id:esakun:20190425095101p:plain:w450
ArduinoIDE ツール > ボードからGeneric ESP8266をセットします。

Generic ESP8266ボードの設定

f:id:esakun:20190425095510p:plain:w300
シリアルポートは各環境でESP-WROOM-02開発キットとUSBで接続したポートを選択します。 ※Arduinoと同じですが、接続しないとポートは表示されません

プログラムを送る

後述のサンプルコードをArduinoの時と同様の操作でESP-WROOM-02開発キットに送ります。

書き込みエラー

error: failed reading byte
warning: espcomm_send_command: can't receive slip payload data


warning: espcomm_sync failed
error: espcomm_open failed
error: espcomm_upload_mem failed
error: espcomm_upload_mem failed

上記のようなエラーが出た場合は、ESP-WROOM-02開発キットが書き込みモードになっていないためです。

書き込みモードでデータを送る

f:id:esakun:20190429232512p:plain:w450

RSTスイッチとPGMスイッチを同時に押下して、RSTスイッチ、PGMスイッチの順に離します。

f:id:esakun:20190429231117p:plain:w450
すると上図のように書き込みモードになって、データが送信されます。

ブラウザでアクセス

f:id:esakun:20190425003632p:plain:w450

シリアルモニタにローカルIPを表示させるようにしています。

f:id:esakun:20190429231421p:plain:w200
この環境では192.168.11.12にアクセスします。

f:id:esakun:20190425003831p:plain:w450
すると、ブラウザ上にめでたくHello World!!と出力されます。

まとめ

ESP-WROOM-02開発キットを使うととても簡単にWIFI接続できました。
f:id:esakun:20190429231819p:plain:w300
以前、上の画像のESP-WROOM-02ピッチ変換済みモジュール《シンプル版》を購入してて、トライしようとしましたが、うまくいかなくて諦めてしまいましたが、開発キットを使うことでやりたいことができるようになってよかったです。背伸びせずに素直に最初から開発キットを買えばよかったです。

今回のサンプルコードはこちら

参考