渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

Unity 動的にカプセルメッシュを描画をしてみる


前回の球描画に引き続き、今回は以下のようなカプセルを描画します。

f:id:esakun:20181205222905p:plain:w450

本記事は、動的にメッシュを生成するシリーズの一貫です。

球と作り方、コードはほぼ同じ

前回球を作りましたが、カプセルはほぼコードが同じです。

f:id:esakun:20181205223431p:plain:w450
※わかりやすく分割数を減らしています

球との違いは、赤枠で囲ったところを2回描画し、分割した間に隙間を作る点です。
隙間を高さ(height)プロパティで座標を合わせます。

他の頂点は高さを2で除算した値を上下にオフセットすれば、ほぼ球のコードが再利用できます。


テストコード含んだコードです。GameObjectにくっつけるとカプセルが表示されます。

球の作り方を理解していれば、カプセルは簡単でした。


以上

その他の動的にメッシュを生成するシリーズ

Unity動的にメッシュを生成するシリーズ - 渋谷ほととぎす通信