渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ。基礎を大事にしています。

Dockerの基礎を学ぶためにNginxを起動するだけのコンテナを立ち上げる


大庭です。 そろそろDockerをちゃんと始めてみようと思い、ファーストステップとしてNginxを起動するだけのコンテナを実行してみようと思います。

ゴール

Mac環境でDockerを使ってNginxを起動してみます。最終的には複数のコンテナを同時に扱いたいので、docker-composeで操作していきます。

環境

  • macOS Mojave 10.14.5
  • docker-compose version 1.24.1, build 4667896b
  • Docker Desktop for Mac 2.1.0.1

流れ

  1. Dockerをインストール
  2. docker-composeをインストール
  3. docker-compose.yml記述
  4. HelloWorldをブラウザに表示

1.Dockerのインストール

Mac環境なので、Homebrew-caskでインストールしました。

brew cask install docker

2.docker-composeのインストール

以下のようなエラーが出力された場合、docker-composeがインストールされていません。

docker-compose: command not found

docker-composeをHomebrewでインストールします。 Terminalにこちらのコマンドを実行するとインストールされます。

brew install docker-compose

3.docker-compose.ymlに記述

ディレクトリ構成は以下です。

├── docker-compose.yml
└── public
    └── index.html

ルートにdocker-compose.ymlを作成して、docker-coposeの処理内容を記述します。今回はNginxをインストールして起動する処理を書いています。

docker-compose.ymlと同階層に掘ったpublicディレクトリをNginx内の/usr/share/nginx/htmlディレクトリにマッピングしているので、publicディレクトリに以下のindex.htmlを入れておきます。

<html><head></head><body>
  <h1>HelloWorld Docker!</h1>
</body>
</html>

4.HelloWorldをブラウザに表示

http://localhost:8080にアクセスしてみます。

f:id:esakun:20190822231818p:plain

無事にDockerでNginxが立ち上がっていることが確認できました。

最後に

Nginxを起動するだけのコンテナを立ち上げることはとても簡単でした。 直近のゴールとしてはPHP開発環境を作ることなので、Dockerのコマンドを覚えつつ少しずつ勉強していこうと思います。