渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

【Blender】リングメニューで描画モードを切り替えて効率アップ

最初に本記事の結論

  • Zキーで描画モードリングメニュー表示(ESCで非表示)
  • マウス、数字キーで描画モード切り替え
  • マウスの移動距離が短くなって効率アップ

f:id:esakun:20210708082857g:plain

Blenderの4つの描画モードを簡単に切り替えられるショートカットの紹介

  • Solid
  • Rendered
  • Wireframe
  • Material Preview

これらを切り替える際に毎度画面右上のボタンをマウスでクリックしていました。

f:id:esakun:20210708081435p:plain

面倒くさいですよね。

ショートカットをいじりたくない

最近の僕は「デフォルトショートカットを極力いじらない」という思想が強いです。

理由としてはYouTubeなどでチュートリアル動画を見る際にショートカットを変更していると理解できなくなるときがあるからです。

だからショートカットはデフォルトからあまり変えたくない。

Zキーでリングメニュー

f:id:esakun:20210708081910p:plain

Zキーを押すと描画モードのリングメニューが表示れます。
(※聖剣伝説2のような)

マウスの移動距離を最短で4つの描画モード切り替えが可能です。
これは覚えておこうと思いました。

余談

f:id:esakun:20210708080843p:plain

このリングメニューは何という機能なのか?調べたら、
wm.call_memu_pieコマンドとのこと。

f:id:esakun:20210708082344p:plain

Blenderはショートカットキーに割り当てられた機能を簡単に検索できるので、素晴らしいなって思います。

以上。