渋谷ほととぎす通信

新しいこと、枯れたこと問わず大庭が興味を持ったものを調査、生活の効率を求める完全趣味の技術ブログ

Arduino 4チャンネルデジタル静電容量スイッチタッチセンサモジュールを使ってみる


定期的に執筆したいArduinoのパーツ調査記事シリーズです。
今回は4チャンネルデジタル静電容量スイッチタッチセンサモジュールを使ってみます。
(以下 : 4チャンネル静電容量タッチセンサと呼称します)
f:id:esakun:20190811221625p:plain:w450

Myoffice TTP224 4チャンネルデジタル静電容量スイッチタッチセンサモジュールをAmazonで購入。

静電容量スイッチとは

スイッチに設けた金属製の検出パネルと人体(多くは指)によって構成されるコンデンサの、静電容量変化を検出する原理のスイッチ

参考 : 静電容量スイッチ - Wikipedia

一言で表すと、指で触ると反応するスイッチという理解で良いでしょう*1

今回作るもの

こちらの動画のような感じで、4つのボタンにそれぞれ違う色のLEDを接続して光らせます。

配線

今回Arduinoの出番はあまりなく、電力を供給するだけのマシンと化しています。

4チャンネル静電容量タッチセンサのピンヘッダのつなぎ先

ピンヘッダ つなぎ先
OUT1 LEDその1につなぐ
OUT2 LEDその2につなぐ
OUT3 LEDその3につなぐ
OUT4 LEDその4につなぐ
GND ArduinoのGNDピン
VCC Arduinoの5Vピン

f:id:esakun:20190811214834p:plain:w450
写真では分かりづらいですが、このような配線になりました。

サンプルコード

今回は無し。

void setup(){}

void loop(){}

このようにsetupとloopメソッドを定義してArduinoに転送しています。
前述したようにArduinoは5Vを供給するだけのマシンと化しています。

最後に

今回は4チャンネル静電容量タッチセンサを使ってみました。
ぶっちゃけ使い所があるのかわからないパーツですが、何かの入力コントローラとして使えるかもしれません。
心の引き出しにそっとしまっておくこととします。

*1:指以外でも反応します