こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

追記 2018.10.28

Unityのインストールに関しては、UnityHubを利用することでコンポーネントの追加インストールはストレスフリーになります。

UnityHubが過去バージョンのUnityをインストールできるようになっていた

最近はバージョン違いのUnityもラクラクインストールできるようになりました。

UnityHubはコチラからインストールできます。

最新のUnityを追いかけている勢は大体週一くらいで ベータ版パッチ版 をインストールをするかと思います。オオバの場合はメインで使用しないバージョンは最小構成(Unity本体のみ)でインストールします。
※ビルドサポートはインストールしません

時々最小構成ではなく追加コンポーネントが欲しくなることがあります。今回で言うと、 iOS Build Support です。

追加インストールは簡単で、再度同じバージョンのインストーラーを公式からダウンロードすればよいのですが、、、

Unityインストール時にやっておかないといけない2つのこと

以前インストールする際に必ずディレクトリ名アプリ名にバージョン名を入れるという記事を書きましたが、この方法には問題がありました。

追加コンポーネントをインストール

Unity 追加インストールコンポーネントの注意点_44

iOS Build Supportのみを選択して Continueクリック

Unity 追加インストールコンポーネントの注意点_48

するとこのようなエラーが。

You tried to install items that require Unity Unity 5.5.0p1, but Unity is not installed on the disk you choose.
Please either add Unity to your selection, or deselect the components which require Unity.

「Unityがインストールされたディスクを選んでないからインストールできません」という旨のエラーがでます。

Unity 追加インストールコンポーネントの注意点_58

オオバの場合は、このようにUnityのディレクトリとアプリの名前を変更していたのが原因でした。

Unity 追加インストールコンポーネントの注意点_63

このように、ディレクトリ名とアプリ名をもとに戻します。

Unity 追加インストールコンポーネントの注意点_68

無事にインストールが進みました。

👉 オススメ記事

2021秋 Asset Refreshセール
100以上のアセットがなんと50%OFF!!オオバもいくつか買いました!
期間 : 10月2日午後3時59分まで

👩‍💻 検証環境