シェーダプロパティアクセスが2.5倍早くなるPropertyToID関数

Materialの任意のプロパティを操作をする際に、 SetFloat SetTexture SetInt SetColor… などの関数を使用します。 文法的には material.SetFloat("_Prop", 100f); のように、第一引数にプロパティ名をString型、第2引数に値を渡します。また、オーバーロードで第1引数にプロパティユニークID(int型)を渡すことも出来ます。…