渋谷ほととぎす通信

Unity・ゲーム開発 技術で一生食べていく情報発信

iOS

【iOS開発】iOSデバイスの中を確認する

iOS

「今のアプリの中身を確認したい!」 っていうことありませんか? 動的にファイルやフォルダを生成 所定の場所にファイルを保存 イメージ通りのファイル構成になっているかをアプリの中に潜って確認したくなります。Xcodeを使うとできたので紹介していきます…

【iOS開発】超基礎Objective-Cのメソッド実行方法

iOS

前回ダウンロードしたファイルの存在を確認しました。 今回はその処理をメソッド化して実行してみます。 iOSを普段開発しない身としては、本当にObjective-Cの文法に迷わされますね。。。 僕の研鑽が足りていません。 以下のようにprintExistFileというメソ…

【iOS開発】Objective-Cでダウンロードしたファイルの存在を確認する方法

iOS

Objective-Cでダウンロードした画像がストレージに存在するかを確認する方法のメモ

シェーダバリアントが多く作られるシェーダの最大使用メモリを計測する

Unityでキーワードを追加して処理を分岐させながらシェーダを書いていくと、知らず知らずのうちにシェーダバリアントが大量に増えることがあります。シェーダバリアントを作成するためには#prgama multi_compileまたは#pragma shader_featureを追加だけなの…

UnityからiOSビルドしてXcodeで実行したらトラブったのでそのメモ

環境 macOS HighSierra 10.13.6 Unity2019.3.0f6 Xcode10.1 iPhone6s iOS10.3.1 はじめに 久々にXcodeの実機デバッグをやりたくなりました。 そこでUnityからiOSビルドしてXcodeで実行すると期待通り?1発では上手くいかなかったので、今回の対応ログを残し…

Xcode11.3にてFPS項目が本当になくなった疑惑の件

iOS

以前XcodeのFPS項目が表示されなくなったときの対処法を投稿していますが、Xcode11.3にアップデートしたところ、今度こそ本当に消え去った疑惑が出てきています。 FPSがなくなったことでCPU、GPUそれぞれのフレームタイム(1フレームにかかる時間)を簡単に測…

iPhone6sからPixel3XLユーザにになりました

約3年使用したiPhone6sを卒業し、Pixel4のリーク情報が飛び交う中、あえてこのタイミングでPixel3XLを購入しました。 2007年にiPhone3Gを購入して12年。メイン端末をAndroidに変える時がやってきました。 端末変更の主な理由は以下です。 3年くらい使用して…

Unity Undefined symbols for architecture arm64というエラーがXcodeで吐かれたときの対応

iOS向けネイティブプラグインを書いて、Unityでビルドしたらこのようなエラーに見舞われました。その備忘録です。 Undefined symbols for architecture arm64: "_OBJC_CLASS_$_MFMailComposeViewController", referenced from: objc-class-ref in CustomPlug…

Unity Xcodeビルド時に必要フレームワークを自動的にセットする

今更感があっても、自分が分からなかったら記事にする大庭です。 とあるプラグインを導入しているとき、Xcodeのビルド設定にフレームワークを別途追加しないといけないという要件があり、ジェンキンスでビルドを自動化しているので、その辺りも自動化させて…

Unity製MobileNotificationsのローカルPush通知アイコンをアプリ起動時に消す

www.shibuya24.info 先日執筆した記事の中で出てきた問題点が解決したのでその共有。 通知をタップしたら通知アイコンも消えるのかなって思っていたらですね、消えません...。Unity製Mobile NotificationsでローカルPush通知を実装する(無料) - 渋谷ほととぎ…

【無料】Unity公式Mobile NotificationsでローカルPush通知を実装する

Unity公式のモバイル端末向けローカルPush通知パッケージMobile Notificationsというものを試しました。 必須要件 Android版の対応 通知チャンネルを登録 通知を予約する 通知アイコンが出ない問題 iOS版の対応 Android版との違い 通知アイコン消せない問題 …

Xcodeトラブル共有 dev.entitlements" could not be opened.とエラーが出た時の対処

iOS

Xcodeでビルドしようとすると以下のエラーがいつの間にか出るようになり、実機で動かせなくなりました。 ※Unityでビルドしております dev.entitlements" could not be opened. SlackOverflowに答えがありました。 stackoverflow.com このようにCode Signing …

Unity RenderTextureのメモリ確保と解放タイミングの落とし穴

RenderTextureを動的にスクリプトから生成して、Blitしてごにょにょするというフローの中で、どのタイミングでメモリが確保され、いつ解放されるのか確認したいと思います。 メモリのプロファイルということでUnity製MemoryProfilerを使います。 本環境はUni…

Xcode10.1でFPSが表示されなくなったときの対処法

iOS

ちょっとしたXcode10.1のトラブル共有です。 Xcodeから実行した時になぜか、FPSの項目がなくなる時があります。

Unity2018.3.0からDynamicResolutionがiOSやAndroid端末で使えるようになっているので検証

先日リリースされたUnity2018.3の新機能をなめている最中です。本記事ではDynamicResolutionについて検証します。 DynamicResolutionとは? ランタイム中にレンダーターゲットの解像度を変更することができる機能です。 例 : 1920×1080で描画していたものを、…

Xcode An error was encountered while attempting to communicate with this device.というエラー

iOS

ご無沙汰になってしまうと、機嫌を損ねるXcodeさん。 久々に実機ビルドしようとしたら以下のエラー。 An error was encountered while attempting to communicate with this device. (The service is invalid.) Please try rebooting and reconnecting the d…

Unity製のアプリをXcodeでプロファイリングするとCPUフレームタイムが常にMAXになる件

Xcodeのバージョンと僕の所持するiPhone6SのOSバージョンの差異から、ここ最近手元PCでビルドしていませんでした。たまには、Xcodeでアプリのプロファイリングでもしようと思い、まずはMacをHigh Sierraにし、Xcode10をインストールしました。 Mojaveがリリ…

Application LoaderのAuthentication failure. Session is invalid, session has been deleted.エラー時の対応

iOS

Xcode9系付属ソフトウェアApplication Loaderにおけるトラブル共有です。 アーカイブしたアプリをApplication Loaderでアップロードしようとすると、、、 思いつく設定ミスはないのですが、このようなエラーに見舞われました。 パッケージをアップロードでき…

Xcode9.4.1でトラブるので、一旦Xcode8.3.3にダウングレードしてみたが...

iOS

TestFlightを使ってテストで配信したいだけなのだが、Xcode9.4.1でトラブるので一旦8.3.3にダウングレードしてみたってことなのですが、、、

Application Loaderにサインインできない件

iOS

Xcode付属のApplication Loaderにサインインできないトラブルに見舞われたのでメモ。 早い話が、専用のパスワードを発行しないといけないです。いつも使用しているApple IDに紐付いたパスワードではサインインできません。

【2018年版】Production用のCetificatesを作成する

iOS

日常的に活用しないが、いざ必要になったとき忘れて困るシリーズです。 今回はiOSアプリを開発する際に必要になってくる製品用証明書を作成します。

macOS SierraでCocoaPodsインストール失敗の回避方法

iOS

macOS Sierra 10.12.4でCocoaPodsをインストールすると、EI Capitanから導入されたSIPの影響でエラーが起きます。

UnityとObjective-Cのやりとり

UnityとSwiftのやり取りを進めていたのですが、なかなかうまく行かなかったので、一旦初心に帰り、Objective-CとUnityのやり取りを確認しようと思います。 とても簡単なUnityのネイティブプラグインの作り方 - 渋谷ほととぎす通信 この辺りの記事を思い出し…

UnityでiOS・Android実機で動くQRコードリーダーを作ってみた

まずは今回使用するZxingというライブラリを手に入れます。ちなみにライセンスはApache License 2.0 (Apache)とのことなので、比較的自由に使えます。 zxingnet.codeplex.com 解凍すると様々な環境におけるプラグインファイルが現れます。 ちなみにSystem.Dr…

とても簡単なUnityのネイティブプラグインの作り方

ネイティブプラグインのショートコードを書いてみます。 今回はC++で書いたiOSのネイティブプラグインを想定します。

XcodeのGPUフレームキャプチャができなくなっている

iOS

環境 Xcode 8.1 iOS 10.1.1 Unity 5.4.2f1 iOS実機で実行中、GPUにどんなアセットが乗っているかをチェックする時に便利なXcodeの機能、GPUフレームキャプチャというものがあります。 こちらのカメラアイコンを実行中にクリックすると使用しているテクスチャ…

XcodeのCPU FrameTimeが表示されないときの設定項目

環境 Unity5.4.2f1 Xcode 8.1 とあるパフォーマンスを検証するために、CPU・GPU使用率と1フレームにかかる時間を計測するためにXcodeで実機プロファイリングした時に起きた問題です。 キャプチャの通り、GPUのフレームタイムは表示されますが、CPUの方は0sの…

エラー対応 : Agreeing to the Xcode/iOS license requires admin privileges, please re-run as root via sudo.

iOS

環境 Xcode8.0 macOS 10.12 git 2.8.4 git cloneしよう!!って思ったときにこういうエラーが出たときの対応法です。 Agreeing to the Xcode/iOS license requires admin privileges, please re-run as root via sudo. Xcodeを起動しましょう。 Agree をクリ…

エラー "Agreeing to the Xcode/iOS license requires admin privileges, please re-run as root via sudo."の対応

iOS

gitのcloneコマンドを実行しようとしたら見慣れぬエラーが出てしまいました。 Agreeing to the Xcode/iOS license requires admin privileges, please re-run as root via sudo. 内容の通り、Xcodeを実行して、Requireしなさいとのこと。 Agreeをクリックし…