渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってる技術メモ。※所属団体とは一切関係がありません。

Arduino ポテンショメータを使ってみる

約240度ほど回転するつまみ(ポテンショメータ:Potentiometer)を使ってみます。 Elegoo UNO キット レベルアップ チュートリアル付 uno mega2560 r3 nanoと互換 Arduino用出版社/メーカー: Elegooメディア: この商品を含むブログ (1件) を見る 購入したこのキ…

Unity2019 PackageManagerがメニューに表示されなくなった時の対処法

2018.3.7f1からUnity2019にアップデートした際に起こったPackageManager周りのトラブル共有です。 タイトルの通り、WindowからPackageManagerの項目が表示されなくなる現象が発生しました。 Unity2019では使用できないバージョンがmanifestで指定されている…

コルーチンの引数にはref、outは使用できない

タイトルの通り、コルーチンで少しハマったので共有です。 IEnumerator Hoge (ref int foo) { yield return null; foo = 1; } このようにIEnumeratorを返す関数にはrefやoutが使えず、以下のようなエラーが出力されます。 error CS1623: Iterators cannot ha…

Arudino 1Digit 7-Segment Displayを使ってみる

だいーぶ期間が空きましたが、 Arduino ジョイスティックモジュールを使ってスティックの傾けた値を取得する - 渋谷ほととぎす通信の続きで、以前購入したArduinoのキットの中身を見ていくシリーズです。 Elegoo UNO キット レベルアップ チュートリアル付 u…

Unity Undefined symbols for architecture arm64というエラーがXcodeで吐かれたときの対応

iOS向けネイティブプラグインを書いて、Unityでビルドしたらこのようなエラーに見舞われました。その備忘録です。 Undefined symbols for architecture arm64: "_OBJC_CLASS_$_MFMailComposeViewController", referenced from: objc-class-ref in CustomPlug…

UnityのAndroidビルドでApplication.persistentDataPathが取得できない件

UnityでAndroid向けビルド時、C#6.0の新機能文字列補間におけるハマり案件共有です。 実機でApplication.persistentDataPathがNullになる var path = $"{Application.persistentDataPath}/hogehoge"; Debug.Log(path); と記述すると、UnityEditor上では正常…

Android向けIL2CPPビルド失敗時に2点考えられること

UnityでAndroid向けにIL2CPPビルドした際に以下のようなエラーが出た場合の対策をメモしておきます。 Exception: /Applications/Unity/Hub/Editor/2018.3.7f1/Unity.app /Contents/il2cpp/build/il2cppcore/il2cppcore.dll did not run properly! il2cppcore…

Unity ビルド後のAndroidManifest.xmlの書き出し場所

Android開発している際に、AndroidManifest.xmlをごにょごにょ書き換えることが多々あります。最終的にビルド時に書き出されるAndroidManifest.xmlの位置をメモしておきます。 Unityプロジェクトルート/Temp/gradleOut/build/intermediates/ merged_manifest…

キュベットへプログラム送信時にエラーが出た時の対応

先日我が家にやってきたキュベット君。 キュベットとはイギリス発のプログラミング脳を鍛えるための電子おもちゃです。 キュベットは、そこそこお高いですが、うちの5歳の娘は夢中で遊んでいます。 プリモトイズ キュベット プレイセット 【正規代理店品】出…

Docker Composeのインストールから使用するまで

Mac環境でDockerのインストールまでを上の記事で終わらせました。 ここから、Docker Composeを使おうとすると、 docker-compose: command not found 上記エラーの通り、コマンドが見つからないとのことなので、使えるようにするまでをまとめます。 Docker Co…

SeleniumとPhantomJS連携のブラウザ経由スクレイピングする前のdocker環境構築

前回記事からの続きです。 最低限の機械学習の知識を手に入れるため勉強中。 環境構築 Dockerインストール DockerにUbuntuイメージをインストール Ubuntuを実行してログイン Ubuntuに各種ソフトウェアのインストール 1. Dockerインストール brew install doc…

C#からC++(DLL)に構造体を渡す その1

VisualC++で作成したDLLに対して、C#から構造体を渡して返してもらうということをやってみます。 まずは手始めに変数が値型のみの構造体からやってみます。 環境周りの話は以前の記事を参考にどうぞ。 www.shibuya24.info 今回作るもの public struct Struct…

C#からC++(DLL)に配列を渡す

しばらくこのC#からC++に渡すシリーズは続きます。 文字列、int型と来て、今回は配列を渡します。 ビルド環境については、シリーズ初回のこちらの記事をどうぞ。 www.shibuya24.info 今回配列をC#からC++に引き渡す上で重要になるのはマーシャリングです。 …

C#からC++(DLL)にintを渡す

VisualC++で作成したDLLをC#からintを渡すということをやります。 環境構築は前回記事を参考にどうぞ。 www.shibuya24.info C++側は値で受け取る C++側のコードから載せますが、前回文字列を渡す際はポインタで受け取っていましたが、C#からプリミティブ型を…

C#からC++(DLL)に文字列を渡す

C++でDLLファイルを作り、それをC#から関数を呼び、C++側に文字列を渡すということをやります。 環境 VisualStudioCommunity2017 v15.9.8 今回作るもの C++製のTestDll.dllというDLLファイルを作成し引数が文字列のTestメソッドを用意します。 C#側から文字…