渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

お手軽ソフトボディ制作アセットVertExmotionの紹介


f:id:esakun:20170323194436p:plain

環境

  • Unity5.5.2p2
  • VertExmotion 1.4.2

セールの時に購入したまま寝かせていたアセットVertExmotion Proをようやく触りましたのでその感想を共有します。

VertExmotionとは?

f:id:esakun:20170323193858g:plain:w547

  • ソフトボディアニメーションをShaderで実装
  • 頂点にペイントして影響範囲を定義
  • ボーン不要でお手軽に使える
  • 2014年11月にリリースと古参アセット

※実際の使い方は記事下部スライド参照

影響範囲頂点をペイントで定義し、モーションセンサーを動かすことで、影響範囲部分が動きます。

f:id:esakun:20170323202441g:plain:w547

頂点にペイント

f:id:esakun:20170323193813g:plain:w547

このように影響範囲を直感的にペイントします。
アニメーションする部分が白くなり、濃さによってどれだけ影響を受けるかという調節も可能です。

アニメーション

f:id:esakun:20170323202308g:plain:w547

このキューブにモーションセンサーコンポーネントをくっつけて動かすと、このように影響範囲部分がアニメーションします。
※モーションセンサーのくっつけ方は記事下部スライド参照

問題点1 少し高い

ちょっと高いです…

※Proバージョンを購入しないとソースは公開されません

問題点2 ハイポリでは使えない

f:id:esakun:20170323210749p:plain

検証した17万ポリの像モデルはペイントする事が不可能なくらいエディタ負荷が高く作業になりませんでしたので、ハイポリには最適化されていないようです。

まとめ

個人で購入するには勇気のいる金額のアセットですが、ソースは全公開されているので非常に勉強になります。

  • ペイント周りのエディタ拡張
  • グニャグニャアニメーションさせる時の頂点シェーダ

などなど

お手軽にグニャグニャさせることが出来るので、表現の引き出しに入れてみてはいかがでしょうか。

こちらのスライドもどうぞ。

本当はSlideShareとかにアップしたいのですが、アニメーションGIFが静止画になってしまい、残念なスライドになってしまったので泣く泣くGoogleSlideを使っています。アニメーションGIFを再生できるスライド共有サイトがあるなら誰か教えて頂きたいです。