渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

Unity2018.2.0f2にアップデートした際のエラー対応


f:id:esakun:20150730215258g:plain

Unity2018.1.0f2からUnity2018.2.0f2にアップデートした際のエラー対応備忘録です。
※皆が皆起こるエラーではありません。環境によっては起こります。

An error occurred while resolving packages: Package com.unity.cinemachine@2.1.12 has invalid dependencies:com.unity.modules.timeline: Package [com.unity.modules.timeline@1.0.0] cannot be found
A re-import of the project may be required to fix the issue or a manual modification of /Unityプロジェクトまでのパス/Packages/manifest.json file.

「Cinemachineがtimelineモジュールと依存関係があるが見つからないよ」っていうエラー。

また「問題の修正やマニフェストファイルの手動修正を行うには、プロジェクトの再インポートが必要な場合があるよ」的なことも書かれています。

Window > Package ManagerからPackage Managerを開いてみます。
f:id:esakun:20180714211757p:plain:w500

するとCinemachineがエラーっぽい表記になっています。

f:id:esakun:20180714234224p:plain:w400

ここで、単純に "com.unity.modules.timeline" : "1.0.0"とmanifest.jsonに記述すれば依存関係が解決するかなと思いましたが、、、

An error occurred while resolving packages: Project has invalid dependencies: com.unity.modules.timeline: Package [com.unity.modules.timeline@1.0.0] cannot be found

このようなエラーが出てしまいます。

f:id:esakun:20180715012728p:plain:w500
またPacakage Managerにも依存関係を解決できないよエラーが表示されてしまっています。https://docs.unity3d.com/Packages/com.unity.timeline@1.0.0が、そもそもNot Foundなため、com.unity.timelineというモジュールが存在しない疑惑あります。

f:id:esakun:20180715014402p:plain:w450

timelineモジュール周りについてはよく分かりませんが普通に、Cinemachineを一度Removeして、再度インストールすると、この辺のエラーは解消されます。


依存関係は解決しましたが、別のエラーが発生しました。

Assets/CinemachinePostProcessingV2/CinemachinePostProcessing.cs(124,45): error CS1061: Type Cinemachine.CinemachineBrain' does not contain a definition forPostProcessingComponent' and no extension method PostProcessingComponent' of typeCinemachine.CinemachineBrain' could be found. Are you missing an assembly reference?

Post Processing V2をCinemachineで使用するアダプターパッケージ周りでエラーが起きているようです。

f:id:esakun:20180715014855p:plain:w400

ここは素直にメニュー Cinemachine > Import Post Processing V2 Adaptor Asset Packageを選択します。

f:id:esakun:20180714233117p:plain:w400

すると差分がインポートされ、無事にエラーは解消されます。

これでUnity2018.2.0f2移行におけるエラーは解消できました。
主にCinemachine関連でしたが。