渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

【2018年版】Production用のCetificatesを作成する


f:id:esakun:20161208031621p:plain

日常的に活用しないが、いざ必要になったとき忘れて困るシリーズです。
今回はiOSアプリを開発する際に必要になってくる製品用証明書を作成します。

f:id:esakun:20180630225136p:plain:w450

Apple DeveloperのページからCertificatesから右上の+ボタンをクリック。

f:id:esakun:20180630225327p:plain:w450

Production > App Store and Ad Hoc を選択してContinueをクリック。

f:id:esakun:20180630225417p:plain:w450

こんなページが表示されますがContinueをクリック。

f:id:esakun:20180630225436p:plain:w450

このページまで来たら、キーチェーンアクセスで証明書要求ファイルを作成します。



f:id:esakun:20180630225532p:plain:w450

キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求をクリック。

f:id:esakun:20180630225707p:plain:w450

上の画像のように、ユーザのメールアドレスは必須で、ディスクに保存を選択、鍵ペア情報を指定にチェックを入れて続けるをクリック。

f:id:esakun:20180630225732p:plain:w450

CertificateSigningRequest.certSigningRequestがデスクトップに作成されます。

f:id:esakun:20180630225751p:plain:w450

続けてこのような画面になりますが、そのまま続けるをクリック。

f:id:esakun:20180630225813p:plain:w450

証明書要求ファイルCertificateSigningRequest.certSigningRequestが作成される。


f:id:esakun:20180630225436p:plain:w450

またApple Developerに戻って、先の証明書要求ファイルのアップロードを求められたページに戻り、先に作成したCertificateSigningRequest.certSigningRequestをアップ。

f:id:esakun:20180630230058p:plain:w450

はい、エラー。

An error occrurred. Invalid Certificate

stackoverflow.com

StackOverflowではこのように議論されている。

I solved it by not leaving Common Name field while creating .certSigningRequest which was not the case before.

f:id:esakun:20180630232159p:plain:w450
証明書要求ファイルを作成する際に通称を入力しなければならないらしいので、再度証明書を再作成へ。 ちなみにAd Hocという名前を通称欄に入力しました。

f:id:esakun:20180630230649p:plain:w450

すると成功しました。以上。 Downloadボタンをクリックして、ios_distribution.cerをダウンロードし、ダブルクリックするとインストールされます。

f:id:esakun:20180630233752p:plain:w450 キーチェーンで確認すると、このように通称名が表示されましたと。