渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

Unity2017.1.0f2のリリースノートf1との差分確認


f:id:esakun:20150730215258g:plain

Unity2017.1候補版の第2弾がリリースされました。f1との差分を見ていきます。

unity3d.com

Improvements

GI: Support for per object cast and receive shadows in the Progressive Lightmapper. For Cast Shadows only On and Off options are supported.

プログレッシブLightmapperでオブジェクトごとのキャストと影を受け取りますが、キャストシャドウの場合、オン/オフオプションのみがサポートされています。

Scripting: Experimental support for new scripting runtime. This includes Mono 4.8 and IL2CPP with support for C# 6 and .NET 4.6

新しいスクリプト実行時の実験的サポートしました。これには、C#6および.NET 4.6をサポートするMono 4.8およびIL2CPPが含まれます

https://unity3d.com/sites/default/files/2017_1_feature_scriptingruntimeupgrade.png
Unity2017.1f2リリースノートより

Fixes

AI: Fix occasional inconsistent carving near tile boundaries (833089)

タイルの境界付近で時々不整合な彫刻を修正しました。

Android: Fix crash when playing non-existing webcam texture (912742)

Androidにおいて存在しないウェブカメラのテクスチャを再生するとクラッシュする問題を修正しました。

Editor: Added missing component icons for the HoloLens WorldAnchor, SpatialMappingRenderer, SpatialMappingCollider, InputModule, and AudioSpatializer (858525, 858531, 858530, 858522, 905399)

HoloLens WorldAnchorSpatialMappingRendererSpatialMappingColliderInputModuleおよびAudioSpatializerのミッシングコンポーネントアイコンを追加しました。

Editor: Don’t ignore remote input if gameview is out of focus (911082)

ゲームビューのフォーカスが外れている場合は、リモート入力を無視しないでください

Scripting: Fixed issue with API updater not updating player specific code inside conditional #if’s such as #if !UNITY_EDITOR when building player (908821)

APIアップデータが、#if !UNITY_EDITORのような条件付きの#内のプレーヤ固有のコードを修正するようになりました。

これは非常にありがたいです。

Video: Fixed MovieTexture support for Metal. (911115)

Metalの固定ムービーテクスチャをサポートしました。

VR: Stop exiting VR when render scale is set higher than texture memory will allow and safely reverting back to last known good scale setting. (916952)

レンダリングスケールがテクスチャメモリよりも高く設定されているときにVRを終了することは、直近で設定された都合の良いスケール設定に戻って安全に元に戻るようになりました。


The following are changes and fixes to 2017.1.0 features and regressions…

Improvements

Android: Gradle: Added new template variables

Gradleの新しいテンプレート変数が追加されました。

GradleとはJava(JVM)環境におけるビルドシステムのことです。 参考記事

Android: Gradle: Added settingsTemplate.gradle to allow user customization

ユーザー編集が可能なettingsTemplate.gradleが追加されました。

Fixes

AI: Fix issue where a navmesh instantiated away from origin could sometimes not be found. (920416)

原点から離れてインスタンス化されたNavMeshが見つからないバグを修正しました。

AI: Fix issure where a NavMeshAgent on a rotated NavMesh surface would wobble or turn wrongly in some cases (920738)

回転したNavMeshサーフェス上のNavMeshAgentは、場合によっては、揺れたり、誤って回転してたバグを修正しました。

Android: Fix empty scene startup time regression (917096)

Androidにおいて、空シーンの起動に時間がかかっていたのを修正しました?

Android: Fixed scree auto-rotation with custom resolution when using Vulkan (912228)

Vulkan使用、カスタム解像度時の画面の自動回転のバグを修正しました。

Android: GoogleVR initialization moved to run on UI thread fixing crash on newers Android API’s (922897)

GoogleVRの初期化がUIスレッドで実行され、Androidの新しいAPIのクラッシュを修正しました。

Collab: Fix for “Rename+rename folder deletes folder for user that pulls changes” (896960)

リネーム+リネームフォルダは、変更をプルするユーザのフォルダを削除する事を修正しました。???

Editor: Fix crash when deleting a prefab and undoing the deletion (907117)

プレハブ削除を試み、それを取り消すときのクラッシュを修正しました。

Editor: Fixed exception when clicking on Game view header (916844)

GameViewのヘッダをクリックすると例外が発生していたバグを修正しました。

Editor: Show Collab menu properly when opening project from cloud for the first time (918826)

初めてクラウドからプロジェクトを開くときにCollabメニューを正しく表示されるようになりました。

GI: Progressive Lightmapper: Fix scene dependent issues with dark edges on charts lying near the lightmap border.

Progressive Lightmapperにおいて、ライトマップ境界の近くにあるチャートの暗いエッジでシーンに依存する問題を修正しました。

私はProgressive LightMapperをまだ使ったことが無くてよく分かっていません。

Graphics: Fix crash in non-native graphics jobs in specific scene configurations eg lots of particles, terrain.

多くの粒子や地形を使った特定のシーン構成の非ネイティブグラフィックスジョブのクラッシュを修正しました。

Graphics: Fix for miscalculating the size of the view required for a buffer which will be used as the source for an Indirect Draw/Dispatch call. (919044)

Indirect Draw / Dispatchコールのソースとして使用されるバッファに必要なビューのサイズを誤って計算する問題を修正しました。

Graphics: Fixed Vulkan validation errors when using anisotropic filtering on GPUs that don’t support it

サポートしていないGPUで異方性フィルタリングを使用すると、Vulkan検証エラーが発生することを修正しました。

iOS: Fix GameCenter breakage when engine code stripping is enabled (898234)

エンジンコードのストリッピングが有効になっているときにGameCenterの破損を修正しました。

Launcher: Fixes Launcher window Sign In issue when opened from Editor’s Account dropdown (923133)

ランチャーウィンドウの[エディタのアカウント]ドロップダウンから開いたときに発生する問題を修正しました

Physics: Fix for “PolygonCollider2D.points” reporting “Assertion failed on expression: ’m_data == NULL'” when setting a new Vector2 array to it. (923135)

PolygonCollider2D.pointsのレポートで、新しいVector2配列を設定する際に、アサーションが式(’m_data == NULL')で失敗していたのを修正しました。

Scripting: Fixes an exception that is thrown when a user overrides the unity synchronization context with their own (924875)

ユーザーが独自の同期コンテキストをオーバーライドした場合にスローされる例外を修正しました。

この修正はよくわからないです。

Timeline: Fixed issue where timeline playables were allocating during playback (922997)

タイムラインに割り当てられたPlayablesが再生中のバグを修正しました。

Timeline: Fixed issue with control tracks improperly playing audio tracks (922398)

コントロールトラックでオーディオトラックが不適切に再生される問題を修正しました。

Web: Fix UnityWebRequest merges two headers into one when both of them starts with the same sequence of characters (907505)

UnityWebRequestは両方同じ文字列で始まるときに2つのヘッダを1つにマージするように修正しました。

Web: UnityWebRequest: fix headers getting merged when one matches the start of the other (907505)

UnityWebRequestは、他のものの開始に一致する場合マージされるように修正しました。


Unity2017.1の正式リリースが楽しみです。