渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

なぜドローコールバッチングされないか、理由を知る方法


f:id:esakun:20150730215258g:plain

Unity5.6からフレームデバッガに現在の描画と1つ前の描画が、ドローコールバッチングされない場合にヒントが表示されるようになりました。

ちなみにドローコールバッチングとは、複数のメッシュまとめて、1回のドローコールで描画することを指します。
※全ての状況で当てはまるわけではないですが、ドローコールを抑えることがパフォーマンスの向上につながる事があります

Graphics: Frame Debugger now gives you a reason when a draw call can’t be batched with the previous one.

Unity5.6のリリースノートより

Window > Frame Debugger からフレームデバッガを見てみます。

f:id:esakun:20170404142701p:plain

f:id:esakun:20170404142910p:plain

上記の場合はライトマップ使ってるから、という理由でバッチングされません。

他にもマテリアルが違うからなどの理由を教えてくれます。
どこまで細かく教えてくれるかは未検証ですが、ありがたいですね。フレームデバッガの使用率が上がりそうです。

あわせてどうぞ

www.shibuya24.info

www.shibuya24.info

www.shibuya24.info

www.shibuya24.info