渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

UnityのAnimationEventに渡せる引数について


f:id:esakun:20150730215258g:plain

環境

  • Unity5.2.1

AnimationEventとは、AnimationClip内の任意のタイミングでイベントを発行することができる機能です。

docs.unity3d.com

言い換えると、特定のタイミングで特定のpublic関数を実行することができます。

イベントの準備はプログラマが行い、非プログラマがアニメーションを作りながら、イベントの登録をするというような協業を可能にします。

関数には引数が渡せるのですが条件があります。
以下渡すことが出来る引数。

  • float型
  • int型
  • string型
  • bool型
  • Enum型
  • 引数なしの関数ももちろん可能

逆にできそうで出来ない引数の条件はこちら。

  • 複数の引数
  • Serializableアトリビュートをつけたクラス型
  • 配列

以下のコンポーネントをAnimationEventとして設定してみます。

gist.github.com

すると以下のようにサジェストされます。

f:id:esakun:20151013024856p:plain

ちなみにAnimationEventを設定したらAnimationClip(.animファイル)に保存されます。 また、enumは、内部的にはint型で保存されるようです。