渋谷ほととぎす通信

完全趣味でやってるUnityメモ。説明できないところを説明できるようにするための個人ブログ。昨日の自分より少しでも大きくなれるように。。。 ※所属団体とは一切関係がありません

最初理解しづらいReplaced Shadersの仕組み

f:id:esakun:20150730215258g:plain

Unityには結構前からReplaced Shadersという機能が提供されています。 これは特定のシェーダを置き換えてくれる便利機能です。

Unity - マニュアル: Replaced Shaders でのレンダリング

私自身結構前からこの機能の存在は知っていたのですが、リファレンスを読んでも分かりづらかったのでまとめます。

続きを読む

アセットバンドルに複数のアセットを格納して取り出す

f:id:esakun:20150730215258g:plain

今まであまりアセットバンドルを作る事がありませんでした。
個人で小規模ゲーム作る時にわざわざアセットバンドルを用意することはありませんでしたし、仕事でもそういう担当になることはありませんでしたので、試しにやってみておきます。

続きを読む

【解決済】Unity2017.1f1ではMissing ComponentをGUIから解決できない件

※本件は先日リリースされた Unity2017.1f3で修正されていることを確認しました。

The referenced script on this Behaviour (Game Object 'Hoge') is missing!

Unity外でファイル名を変更などするとmetaファイルが書き換わり、上記のMissingコンポーネントという警告がコンソールに表示されます。

f:id:esakun:20170705134507p:plain

Missingコンポーネント状態になると↑のようにGUI(インスペクタ)上にもその旨が表示されます。

続きを読む

DOTween v1.1.605アップデート時の注意

f:id:esakun:20150825162207p:plain

DOTweenが2017.6.3に1.1.605にgithub上でアップデートしています。

[bugfix] Fixed Shake and Punch tweens returning NaN values if duration was set to 0 (now they just warn you and don’t create any tween)

というバグ修正です。

ShakePunchがduration 0の時の挙動がバグっていたようです。
それを修正した際に、durationが0で代入されると、Tweenインスタンスが生成されずにnullが返却されるようになりました。

今までdurationが0でもTweenインスタンスが返却されていましたが、アップデートするとnullが返ってきます。 例えばdurationを動的に変更していて、0になる可能性がある処理は再度チェックしたほうが良いかもしれません。